天候に左右される競馬

レース当日が雨なのかまたは雨ではないのかといった要素はとても大切なポイントになってきます。
競馬場と言うのは屋根に覆われたものはなく、全ては屋外で行われています。空が晴れている時には、馬場のコンディションというのは非常に良好で、レースのしやすい環境だと言えます。その逆の場合、つまり雨が降っていたりまたは前日からの雨の影響で馬場がぬかるんでいたりしていた場合は少なからず、出走する馬には負担がかかってきます。地面に足を取られペースが上がりにくなるのでその事を「重馬場」と言います。馬場の状態が良好でない場合、出走する馬や、着順の結果というものに少なからず影響を及ぼしてきます。まず、馬場の状態が悪いとバランスをとろうとして脚が力んでしまいます。普段よりも力を使っているのでレース終盤になってくると体力的には厳しくなってきます。馬というのは蹄といのがあり、人間でいうならば爪のようなものだと言えます。この蹄は出走している馬がスピードを上げる際に馬場を蹴って加速していきます。人間でもそうですが地面が雨などで濡れている時は滑るように馬も同じく滑るのです。ですから、バランスをとろうとして力んでしまうのです。馬には前脚で馬場を蹴る馬と後脚で馬場を蹴る馬がいます。前脚で地面を蹴る場合は比較的滑りにくいと言われていて、馬場のコンディションが悪い時にはその馬の方が有利だとされています。ですからこういった細かい情報などもあらかじめ頭に入れておくと良いかと思われます。しかしながら、このような細かい情報は競馬専門誌などには載っていないですから、テレビなどを参考にして情報収集をした方が良いでしょう。これだけが全てではありませんので、様々な条件を絡めてさらにはこのようなことも考慮して予想すればおのずと勝率は上がっていくのではないかなと思います。